Topics : Arctic Winter Games 2012

アークティックウィンターゲームス 2012

 

 2年に一度北極圏に領土を持つ全9地域(北米、グリーンランド、スカンジナビア、ロシア)のチームが参加する大会アークティックウィンターゲースムが2012年3月カナダ、ユーコン準州のホワイトホースで行われた。

アイスホッケーやカーリング等日本でも良く知られたウインタースポーツに加え犬ぞりレース、スノーシューレース、先住民の伝統競技といった北極文化にまつわる競技も行われるのがこの大会の大きな特徴のひとつだ。

 特に先住民競技には油をよく塗った木製の棒を引き合うスティックプル、正座した状態から両腕の反動だけでジャンプし着地点までの距離を競うニールジャンプなどがある。一見何をしているのか分かりづらい競技が多く試合中は競技者も会場も静まり返る。しかしルールは至って簡単なものばかりで観客はそれぞれの競技の勝敗に興奮する。

 以前訪れた先住民の集落でこれらの不思議な競技の成り立ちを訪ねてみた。昔から狩猟を主とした彼らの冬は長い。閉ざされた長い冬の間狩猟生活に必要な感覚、体力を鍛える為に狭い家の中で行われてきた競技がことのはじまりだと教えてくれた。

 競技開催中は静かな興奮のなか撮影をしながら自分も試合の行く末を随分と楽しませてもらった。

Game hall and flags 大会会場と旗
Game hall and flags 大会会場と旗

press to zoom
Kneel Jump ニールジャンプ
Kneel Jump ニールジャンプ

press to zoom
Snowshoeing スノーシューレース
Snowshoeing スノーシューレース

press to zoom
Game hall and flags 大会会場と旗
Game hall and flags 大会会場と旗

press to zoom
1/6

click to enlarge