Blog

Similar thing to this T-shirt / このTシャツに似たこと


This is design of T-shirt that was given from my local friend recently. This is not souvenir acually. The reason why my friend gave me this T-shirt is..... close thing from this design happened to me on river trip this summer !!!!!

これは最近地元の友人がくれたTシャツの絵柄です。お土産でくれた訳ではありません。なんでこのTシャツをくれたのかと言うと..... この絵に近いことが今年の夏の川旅で自分の身に起こったから !!!!!

One of big event on this summer was paddling Wind River with friends. Wind River is running in deeper wilderness and can be accessed with only flote plane from Mayo in Yukon. and This river is famous as witch has very clear crystal water.

今年の夏の一大イベントの一つは友人たちとウインドリバーを漕ぐことでした。ウインドリバーはメヨという小さな町から水上飛行機でしかアクセスできない全く人気のない自然を流れるユーコンの川です。そしてこの川はとても透き通ったクリスタルウォーターが流れることでも有名です。

The unexpected accident that I never experienced happeded on this river trip !!!!!

I never forget what and when it happened. It was about 1:15 am of August 15th.....

この川旅で今まで経験したことのない、とんでも無いことが起こりました!!!!

決して忘れません。それは8月15日午前1時15分ころでした.....

I don't use to be waken up by someone's snore beside of my tent during night in camp basically. But I woke up because of I felt something moving around and close to my tent at that night. I felt it was bit bigger than dog.

Then The thing happened when I tried to read what's going on right out of my tent after for a while.....

The roof was coming down to me !!!!!

自分は基本的にキャンプ中もそばでいびきをかく人がいても起きることはありません。しかしその夜は何か自分のテントのそばで動く気配を感じて起きてしまいした。それは犬よりも少し大きい生き物に感じました。そしてそれは周囲の様子を用心深くうかがっていた時に起こりました!!!!!

屋根が落ちてきたのです!!!!!

The roof went back to reguler hight after a few second., then I bilieved in it is bear !!!!!

テントの屋根はすぐにもとに戻ったのですが、その時それがクマだと確信しました !!!!!

and then, I barked with lower voice twice, My friend and his dog sleeping next did it too soon.

However, we couldn't see, hear and feel anything around our camp after making noise. That's why, we couldnt say it was a bear without any evidence of it. Even though I bilieved in It's bear at first moment.....

It was a kind of misterius night.

そして自分は低い声で2回、隣のテントの友人とその犬もすぐに吠えました。

しかしその後テントの周りを歩いた時でさえ何も見て、聞いて、感じることができませんでした。だからそれがクマだと証拠無しに言うことができなかったのです。一番最初にクマだと感じたにも関わらず.....

ミステリアスな夜でした。

Quiet few hints were only wet tent by something hairy and .....

わずかな手掛かりは何か毛むくじゃらのものが濡らしていったテントと.....

wet roof of tent looks like some one licked .....

Licking sign seemed Moose does because of Its hight. Then we guessed the animal witch visited my tent might be moose and we went back to each beds.

誰かが舐めたように見えるテントの屋根部分だけでした.....

舐めたような跡はその高さからムースが舐めたように見えました。で、ムースがやって来たのかもしれないということでそれぞれ寝に戻ったのです。

We tried to find other signs around our camp again next morning.

翌朝キャンプの周りの手掛かりを再度探してみました。

I found flysheet was ripped !!!!!

フライシートが裂かれているではないか !!!!!

We found very fresh track looking like a small young Black Bear walking carefully close to tent. As a result, We didn't find any other tracks except for this. My yellow tent is behind of small willow.

Then, we reached the conclusion that someone who knocked my tent was a Black Bear after all.

小さなクロクマが注意深く歩いたとても新鮮な足跡をテントの近くに見つけました。結果的にこの足跡以外は見つけることはできませんでした。自分の黄色いテントは小さな柳の木の向こう側です。

で、結局テントを訪れたのはクロクマだったという結論に至りました。

I couldn't sleep back again if we supposed It was a Bear when we went back to asleep at midnight. I already had had simillar experiences but This was the most thrilling experience I'd never done. Of cause, We had kept all food and smelly stuff away from tents.

We supppose that The Bear just must curioused thents that bear had never seen, because foot prints seemed young bear.

夜にテント周辺を確認した時に訪れた動物がクマだとしたら、自分は再び寝ることはできなかったでしょうね。似たような経験は今までありますが、こんな怖かった経験は今までしたことあありません。もちろん全ての食べ物や匂いのするものはテントから遠く離していたことは言うまでもありません。

きっとクマは生まれて初めて見るテントに興味を持ったに違いないと思います。足跡は若いクマに見えたので。

Holy smokes.....

やれやれ.....


Copyright © 2011-2020 Arctic Photo Laboratory and Atsushi Sugimoto. All Rights Reserved.